旧約聖書 ヘブル語原典  (このサイトに関する注意事項) 少しづづ翻訳を進め、聖書全巻を完成します。

ネヘミヤ記  7章  直訳     2012年07月17日 更新  リンクのページはこちら

ネヘミヤ記  07章   直              訳

07 01 ・ そして彼が存在した として所の 彼女が建てられた その 壁 そして 私は自立さした その 城門ら そして彼らが巡視された その 門番ら そして その徹底的に歌(詩)しているらは そして その レビらは  
02 ・ そして私は徹底的に命じた を ハナニ  兄弟私 そしてを ハナニヤ 司の その 宮殿 上 イェルシヤラィム その時 彼 として 男 真実 そして恐れているは を その 神ら から 多いら 
03 ・ そして私は言った に彼ら 無い 彼らが開かれる 門らの イェルシヤラィム 迄 温かい その 太陽 そして迄 彼ら 自立しているらは 彼らが閉じるさせる その 城門ら  そして 彼らが取得しろ そして 自立さした事 見守りら 仮住いしているらの イェルシヤラィム 男  中で 見守り彼 そして 男 対面して 家彼 
04 ・ そしてその城塞 広いの 両手 そして巨大 そしてその民 少ない 中で真ん中彼女 そして無い 家ら 建てられているらは 
05 ・ そして彼が与えた かみら私 に 心私 そして 私は掴んだ(or集めた) を その貴人ら そしてを その 優れているら そしてを その 神 に自分自身を家系記載さた事 そして私が見つけた 所の 家系記載(系図) そ 上っているらは 中でその頭 そして私は見つけた 書かれているは 中で彼  
06 ・ これら 息子らの その 属州 そして上っているらは から 捕虜の その 流刑 所は その 彼が裸(or流刑)にさした  ネブカデネツアル 王の バベル そして 彼らが戻った に イェルシヤラィム そしてに イエフダー 男 に城塞彼 
07 ・ その来ているらは 共に ゼルバベル イエシュア ネヘミヤ アズリヤ ラアミヤ ナハマニ モルデカイ ビルシャン ミスバレト ビグバイ ネフム バアナ 数の 男ら 民の イスラエル 
08 ・息子らの バルオシュ 両千(2000) 100 そして70ら そして2ら
09 ・息子らの シエフアテイヤ 3の 100ら 70ら そして2ら 
10 ・息子らの アラハ 6 100ら 50ら そして2ら
11 ・ 息子らの フアフアト モアブ に息子らの イエシュア そして イオアブ 両千(2000) そして8 100ら 8 10
12 ・息子らの イラム 千 両100 50ら そして 4
13 ・息子らの ザトウ 8 100ら 40ら そして 5
14 ・息子らの ザアカイ 7の 100ら  そして 60ら
15 ・息子らの ビヌイ 6 100ら 40ら そして 8
16 ・息子らの ベバイ 6 100ら 10ら(20) そして 8
17 ・息子らの アズガド 両千(2000) 3の 100ら 10ら(20) そして 2
18 ・息子らの アドニカム 6 100ら 60ら そして 7
19 ・息子らの ビグバイ 両千(2000)  60ら そして 7
20 ・息子らの アデイン 6 100ら 50ら そして 5
21 ・息子らの アテル にヒゼキヤ 90ら そして 8
22 ・息子らの ハシュム 3の 100ら 10ら(20) そして 8
23 ・息子らの ベザイ 3の 100 10ら(20) そして 4
24 ・息子らの ハリフ 100 2 10 
25 ・息子らの ギベオン 90ら そして5
26 ・男らの ベト(家の) レヘム(パン) そしてネトハ 100 80ら そして 8 
27 ・男らの アナトテ 100 10ら(20) そして8
28 ・男らの ベト(家の) アズマベテ 40ら そして 2ら
29 ・ 男らの キリヤテ(二重城塞) イアリム(城塞ら) ケフイラ そしてベエロテ 7 100ら 40ら そして 3 
30 ・男らの そのラマ そしてガバア 6 100 10ら(20) そして 1
31 ・男らの ミクマシュ 100 そして 10ら(20) そして 2
32 ・男らの ベト(家の) エル(神) そして そのアイ 100 10ら(20) そして 3
33 ・男らの ネボ(バビロン神名) 後ろ 50ら そして 2ら
34 ・息子らの イイラム 後ろ 千 両100 50ら そして 4
35 ・息子らの ハリム 3の 100ら そして 10ら(20)
36 ・息子らの イエリコ 3の 100ら 40ら そして 5
37 ・ 息子らの ロド ハダイド そして オノ 7の 100ら そして 10ら(20) そして 1
38 ・息子らの セナ 3の 千ら 9の 100ら そして 30ら
39 ・ その祭司ら 息子らの イエダイヤ に 家の イエシュア 9の 100ら 70ら そして 3
40 ・息子らの イメル 千 50ら そして 両2 
41 ・息子らの パシュフル 千 両100 40ら そして 7
42 ・息子らの ハリム 千 7 10 
43 ・そのレビら 息子らの イエシュア にカデミエル に息子らの にホデバ 70ら そして 4
44 ・徹底的に歌(詩)したらは 息子らの アサフ 100 40 そして 8 
45 ・ その門番らは 息子らの シャルム 息子らの アテル 息子らの タルモン 息子らの アカウブ 息子らの ハテイタ 息子らの ショバイ 100 30ら そして 8
46 ・その 与えられたら 息子らの ツイハ 息子らの ハシュハ 息子らの トバアト 
47 ・息子らの キロ 息子らの スイア 息子らの フアドン
48 ・息子らの レバナ 息子らの ハガバ 息子らの シャルマイ 
49 ・息子らの ハナン 息子らの ギデル 息子らの ガハル 
50 ・息子らの レアヤ 息子らの レツイン 息子らの ネコダ
51 ・息子らの ガザン 息子らの ユザ 息子らの フアセハ
52 ・息子らの ベサイ 息子らの ミウニム 息子らの ネフシャスイム 
53 ・息子らの バクブク 息子らの ハクフア 息子らの ハルフル
54 ・息子らの バツリト 息子らの メヒヤダ 息子らの ハルシャ 
55 ・息子らの バルコム 息子らの シセラ 息子らの タマハ
56 ・息子らの ネツイア 息子らの ハテイフア 
57 ・息子らの 奴隷らの シエロモー 息子らの ソタイ 息子らの ヘリダ
58 ・息子らの ヤアラア 息子らの ダルコン 息子らの ギデル
59 ・ 息子らの  シエフテイヤ 息子らの ハテイル 息子らの ポケレト ハツイビィーム 息子らの アモン 
60 ・ 全てその 与えられたはら そして 息子らの 奴隷はらの シエロモー 3の 100ら 90ら そして 両2
61 ・ そしてこれらは その 上ったらは から テル(廃丘) メラハ(塩) テル(廃丘) ハルシャ(耕作?) ケルブ アドン そして イメル そして無い 彼らが出来た に 布告さした事の 家の 父ら彼ら そして 種蒔き彼ら もし からイスラエル 彼ら 
62 ・ 息子らの デラヤ 息子らの トビヤ 息子らの ネコダ 6 100ら  そして 40ら そして 両2
63 ・ そして から その 祭司ら 息子らの ホバヤ 息子らの ハコツ 息子らの バルジライ 所は 彼が取った から 息子らの  バルジライ その ギルアデイ 女 そして 彼が呼ばれた 上 名 彼ら
64 ・ これら 彼らは徹底的に探した 刻んだ彼ら その 自分自身を家系記載さしているら そして無い 彼が見つけられた そして彼らは徹底的に神聖を汚した から その 祭司職 
65 ・ そして彼は言った そのテルシャタ(ペルシャユダヤ総督職名) に彼ら 所は 無い 彼らが出来る から 聖の その 聖ら 迄 自立する事の その 祭司 に オウリム(光) そして トウミム(完全)
66 ・全て その 周回 として 一 4 万 両千ら(2000) 3の 百ら そして 60ら
67 ・ からに部分 奴隷ら彼ら そして 侍女ら彼ら これら 7の  千ら 3の 100ら 30ら そして 7 そしてに彼ら 徹底的に詩(歌)している(男)らは そして 徹底的に 歌(詩)している(女)らは 両100 そして 40ら そして 5
68 ・ 駱駝ら 4 100ら 30ら そして 5 雄驢馬ら 6の 千ら 7の 100ら そして 両10ら(20) 
69 ・ そしてから 終わりの 頭らの その 父ら 彼らが与えた にその占領 そのテルシャタ(ペルシャユダヤ総督職名) 彼が与えた にその宝庫 金 ダリクら 千 鉢ら 40ら 上着らの 祭司ら 30ら そして 5の 100ら  
70 ・ そして から頭らの その 父ら 彼らが与えた に宝庫の その占領 金 ダリクら 2の 万 そして銀 マネ(ミナ=約1Kg)ら 両千(2000) そして 両100  
71 ・ そして 所は 彼らが与えた 残余の その民 金 ダリクら 2 万 そして 銀 マネ(ミナ=約1Kg) 両千(2000)  そして 上着らの 祭司ら 60ら そして 7
72 ・ そして彼らが仮住いした その 祭司ら そして その レビら そして その 門番ら そして その 徹底的に詩(歌)するらは  そして から その民 そして その 与えられたらは そして 全て イスラエル 中で 城塞ら彼ら 彼が当てた その 新月 その 第7 そして 息子らの イスラエル 中で 城塞ら彼ら  

 

2012年07月17日

Copyright (C) 2008 Akio Moriwaki All Rights Reserved.

版権に関するお問い合わせはここをクリックしてください。