新約聖書  (このサイトに関する注意事項) 少しづづ翻訳を進め、聖書全巻を完成します。

使徒の働き  直訳  (ギリシャ語原典はこちら)    2005年01月12日 更新 

説教の放映はこちら

ピリピ2章  直              訳

01 ・もし 誰か そういうわけで 側に呼び寄せる 中で キリスト、もし 何か 励ましが 愛の、もし 誰か 共有が 霊の、,もし誰か 内蔵らは そして 同情らは、
02 ・あなた方は満たせ  私の もの  喜びを 為に その それを あなた方が考えを抱き続ける  、その 彼女を 愛を  持ち続けているらは 、同じ生活らは 、その 一 考えを抱き続けているらは、 
03 ・一つも無い 下に 日雇い人(利己主義)、 一つも無い 下に 虚栄、反対に その 低い心に 互いらに 支配しているらは 優越しているらを 彼ら自身等らの、
04 ・無い その 彼ら自身等の 各々 目標に目を注いでいるらは 、反対に そして その 他らの 各々等は。
05 ・この事 あなた方は考えを抱き続けろ 中で あなた方 所の そして 中で キリスト イエス、
06 ・所は 中で 不変の実質 神の 存在しているの 無い 略奪を 彼が支配した その で有る事  同等 神に、 
07 ・反対に 彼自身を 彼が空虚にした 不変の実質を 奴隷の 取ったは 、中で 偽られた 人間らの なったは。そして 外形に 見いだしたは 様に 人間。  
  08 ・彼が低くした 彼自身を  なったは 従順な まで 死の、死の も 十字架の。
09 ・この故に そして その 神は 彼を 甚だしく高く上げた そして 彼は好意を示した 彼に その名を その 上に 全て 名前、
10 ・為に 中で その 名 イエスの 全て 膝は 彼が曲げる(為に) 天上らの  そして 地上らの そして 地下らの、
11 ・そして 全て 舌は 彼がまったく同意す(為に) それは 主が イエス キリスト 中へ 栄光 神の 父の 。 
12 ・その結果 、愛されているらよ 私の、同様に いつも あなた方は聞き従った、無い 様に 中で その 到来 私の 唯一 反対に 今や 多くに ますます 中で その 離れている 私の、共に 恐れ そして 震えの その 自分自身等の 救いを あなた方が働きによって生じさせ続けろ 。
13 ・神が そして 彼がであり続けている その 働いているは 中で あなた方 そして その 意思している事を そして その 働いている事 上に その お気に入りの。
14 ・全てを あなた方は行い続けろ 抜きに つぶやきらの そして 計算らの、 
15 ・為に あなた方が成る(為に) 責められる所の無いら そして 混ぜられていないら、実子 神の 傷の無い 中央を 世代の ねじれたの そして 曲げられているの 、中で する所 あなた方が明らかにし続けている  様に 光っている等は 中で 世、 
16 ・言葉を 命の しっかり捕まえている等は 、中へ 誇り 私に 中へ 費 キリストの、それは 無い 中へ 虚しい 私が(彼らが)急いだ も無い 中3へ 虚しい 私が疲れた。
17 ・反対に もし そして 私が神の前に献酒され続けている 上に その祭壇 そして 公民礼拝に その信頼の あなた方の、私は喜び続けている そして わたしは共に喜び続けている 全て等に あなた方に。
18 ・その も 彼を そして あなた方らは あなた方は喜べ そして あなた方は共に喜べ 私に 。
19 ・私は望み続けている も 中で 主 イエスの テモテを 早く 送る事 あなた方に、為に そして私も 私が良い生活(勇気)が有り続けている(為に) 知っているら その関して あなた方。
20 ・何も無いを 関して 私が持ち続けている 同じ生活(精神)に立つを する所の者はだれでも 嫡出(誠実)に その 関して あなた方の 彼が確かに心を配(心配す)る、 
21 ・その 全てらは そして その 彼自身等の 彼らが要求し続けている、無い その イエスの キリストの。
22 ・その 喪 試験済を 彼の あなた方は知り続けている 、それは ように 父に 実子を 共に 私 彼が奴隷した  中へ その 福音。
23 ・この事を 一方 そういうわけで 私は望み続けている 送った事 様に 所を 私が遠望した(為に) その 関して 私に とりあえず。
24 ・私は説き伏せている も 中で 主 それは そして 彼を 早く 私が確かに来る。
25 ・不可欠な も 私が支配した エパフロデイトを その 兄弟を そして 同聾者を そして 戦友を 私の、 あなた方の も 使いを そして 公民奉仕を その 手らの 私の、送った事 方に あなた方ら、  
26 ・ので 切望しているらは  彼がであった 全て等を あなた方の 、そして 心を煩わせたは 故に あなた方は聞いた それは 彼が病気した。
27 ・そして  また 彼が病気した ほとんど同様に 死に。 反対に その神は 彼が憐れんだ  彼を 、無い 彼を も 唯一 反対に 私を、為に 無い 悲痛を  上に 悲痛 私が持った(為に)
28 ・より熱心に そういうわけで 私は送った 彼を 為に 見たらは 彼を 再び あなた方は喜ばされろ そして 私も より悲しみの無い である(為)。
29 ・あなた方は受け入れ続けろ そういうわけで 彼を 中で 主 共に 全ての 喜び、そして その 懸かる所の者はだれでも 中で価値らを あなた方はもち続けている。
30 ・それは 通して この 業を キリストの まで 死の 彼が近づいた、自分を危険に曝らしたは その 生活に 為 彼が満たされる(為に) その あなた方の かけているものを その方に 私に 公民奉仕の。 

2005年01月12日