新約聖書  (このサイトに関する注意事項) 少しづづ翻訳を進め、聖書全巻を完成します。

使徒の働き  直訳  (ギリシャ語原典はこちら)    2005年01月12日 更新 

説教の放送はこちら

箇所

 直              訳

19 01 ・かれが起きた その 中で に その アポロを ある事 中で コリント パウロ を 通り抜けた 中央高原  地方 入る事 中へ エペソ そして 見いだす事  ある者らを 弟子達らを 、 
02 ・彼は言った も 方に 彼ら 、もし 霊を 聖を あなた方は受け(ていない)  信頼した?  その また 方に 彼、反対に 無い もし 霊を 聖を 私たちが聞いた 
03 ・その  も 彼が言った 、中へ 何 そういうわけで あなた方は浸された ? その も 彼らは言った、中へ その ヨハネの 浸す 。   
04 ・彼は言った また パウロ 、ヨハネ 彼は浸した 浸す 悔い改め、 その 民に 言いながら 中へ その 来ている 共に 彼 為に 彼らが信じた この事 彼が在る 中へ その イエス。
05 ・聞いていたら また 彼らは浸された 中へ その 名前 その主 イエス。
06 ・そして 上に置く 彼らに その パウロ 手ら 彼ら来た 霊(風) その 聖 上に 彼ら 、彼らは話した も 言葉 そして 彼らは預言していた。
07 ・彼らがいた も その 全てが 男ら まるで様に 12 。
08 ・中へ入って また 中へ その 会堂 彼らは大胆に述べていた 上に 月 3 語り合う そして 納得させて 関して その 王国 その神の。
09 ・様に また 在るものらが 彼らは頑にされた そして 彼らは従っていない 悪く言っているらが その 道を 面前で その 多数の(群衆) 、反乱を起こさせている から 彼ら 彼は口から泡を吹いた その弟子達を 、下に 日々 語り合っているは 中で その 暇(学校) ツラノの。
10 ・この事 また 彼が起きた 上 年 2 、その結果 全て等が その 中に住んでいる等を その アジア 聞く事  その言葉を その主の、ユダヤら を。 そして ギリシャらを
11 ・内在力らを も 内 その 打あたったら その神 かれが行っている 通して その 手ら パウロの、
12 ・その結果 そして 上に その 病気ら 運び去られる事 から その 皮膚の 彼の ハンカチを か 前掛けらを そして 自由にされる事 から 彼らの その 病苦 、その も 霊 を その邪悪 出て行かされる事。 
13 ・彼らは手を付けた その ある者ら そして その 彼らは行き巡っていた ユダヤ人らの 悪霊払いら 名を呼ぶ事 上に その 持っている等を その 霊らを その 邪悪ら その名前 その 主の イエスの 言いながららが 私は誓わせる あなた方を その イエス を 所の パウロが 彼が宣言し続けている。 
14 ・彼らがあった また 在るものら スケウア ユダヤの 大祭司の  7 息子ら この事 行っていたら。
15 ・答えて また その 霊 その邪悪 彼は言った 彼らに、その (一方) イエスを 私は知っている そして その パウロを 私は分かっている 、あなた方は また 誰で あなた方は在る、  
16 ・そして 飛び上がって その 人 上に彼ら 中で 所の 彼がいた その霊が その 邪悪が 権力を振るう  両者ら 彼が強大であった 下に 彼らを 、その結果 裸らを そして 傷を負わせられたら 外へ逃れる事 出て その家 そこの。 
17 ・この事 また かれが起こった 知れ渡る事を 全てに ユダヤら も そして ギリシャらに その 住んでいるらに ゆの エペソ 、そして かれが上に落ちた 恐れが 上に 全て 彼ら 、そして 大きくされていた その名 その主の イエスの 
18 ・大くらは も その 信頼していたらの 彼らが来ていた 全く同意していたら そして 告げ知らせていたら その 行為らを 彼らの。
19 ・かなりの また それら その お節介ら 寄せ集まったら その 書物らを 彼らは焼き尽くしていた 前で 全て等の 。 そして 彼らを一緒に計算した その 値 彼らの そして 彼らが見いだした 銀の 1万(×)5。
20 ・この様に 下に 力 その主の その言葉が 彼が増加していた そして 彼が力があっていた。 
21 ・様に また 彼が満たされた この事、彼が置いた そのパウロ 中で その 霊 通って行く その マケドニア そして アカヤ やってくる事 中へ エルサレム 、言っていた それは 共に その 起こされた事 私を そこへ 必要だ 私を そして ローマを 見る事。
22 ・遣わした また 中へ その マケドニア 2 その 仕えているらの 彼に、テモテ そして エパスト 、彼は 彼はしっかり捕まえた 一定期間を 中へ アジア。 
23 ・彼が起きた また 下に この定まった時 そこを 騒がす事 無い 少ない 関して その 道。 
24 ・デメテリオス そして ある 名前、 銀打ち 、作っていた 宮らを 銀製の アルテミヤ 彼が提供していた その 職人達に 無い 少ない 仕事を。
25 ・所の人らを 一カ所に集め そして それらを 関して その この様な 仕事の かれが言った、男ら 、あなた方は了解している それは出て この事の その 仕事の その 富 私たちを 彼らがある、 
26 ・そして あなた方は熟視している そして あなた方は聞き続けている それは 無い 唯一 エペソの 反対に ほとんど 全ての そのアジア そのパウロ これは 納得させている かれが場所を変えさせた 相当を 群衆を、言いながら それは 無い それがある 神々 その 通して 手ら 起こっているら。  
27 ・無い 唯一 また この事 かれが危険である 私たちを その 地方 中へ 誤りを指摘する 来る事、 反対に そして これの その 大きい 女神 アルテミス 神殿 中へ 誰も無い 見なされる事 、まさに  も そして 引き倒される事 その 壮麗さ 彼女の 、彼女を 全て そのアジア そして その 世界 かれが敬われ続けている。
28 ・聞いていたら も そして 起こっていたら 充満したに 憤怒の 彼らは叫んでいた 言いながら、偉大な そのアルテミス エペソらの 。
29 ・パウロ また 企てた 中へ入る事 その街 その 騒乱の 、彼らは驀進した も 同じ腹 中へ その 野外劇場 捕らえて引っ張って行った ガイオを そして アリスタルコを マケドニアの 仲間の旅行者 パウロの。 
30 ・パウロの また 企てているの 中へ入る事 中へ その 群衆 無い 彼らはかまわずに置く 彼を  その弟子らは。
31 ・ある者らが また そして その アジア州議員、いたら 彼に 友人ら、送ったら 方に 彼 彼らは勧めていた 無い 引き渡す事 自分自身を 中へ その 野外劇場。 
32 ・他の者ら 一方 そういうわけで 他 在るもの 彼らは叫んでいた、その そして その 集会(エクレーシヤ) 一緒に注がれていた けそして その より多数らは 無い 彼らが知らされている 何が そのために 彼らが集められていた。
33 ・出て また その 群衆 彼らは堅く結んだ アレクサンドロン 、前に投げた 彼を その ユダヤらの 。その また アレクサンドロン 手を振った その手を 彼は欲していた 弁明する事  その 群衆に。
34 ・識別したらは また それは ユダヤ人 彼がある 声を 起きた 一つ 出て全て等 様に 上に 時間 2 叫んでいるらの 、偉大な そのアルテミス エペソらの。
35 ・静めた また その 書記 その 群衆を かれが言って 、男ら エペソらの 、誰か そして 彼がある 人間ら 所の 無い かれが知っている そのエペソら 街を 神殿の番人 あるらを その 偉大な アルテミス そして その 天から落ちた?
36 ・反駁できない そういうわけで あるの この事の 恐れを(当然そう在る) 彼がある あなた方を 押し静められた 存在している事  そして 何も無い 軽率の 実行する事。
37 ・あなた方は導いた そして その 男らを これらの そして無い 神殿泥棒ら ソシテ無い 冒涜したら その神を 私たちの。
38 ・もし 一方 そういうわけで デメテリオ そして そのは 共に 彼に 職人らは 彼らは持っている 方に 何か 言葉を 、裁判の日々 彼らが導かれる  そして 地方総督ら 彼らがある。
39 ・もし そして 何か もっとさらに 彼らが切に要求している 、なかに その 法的な 集会で かれが確かに解明する。
40 ・そして また 私たちは危険の中にいる 告訴される事 存在の  関して その 今日の 、誰も無い 責任を問われるべき 存在している 、関して 所の(無い) わたしたちが確かに内在力する 言葉を 関して その 不穏な集会 この。 そして これを 言いながら かれが解いた その 集会を。

 

2005年01月12日