70人訳旧約聖書  (このサイトに関する注意事項) 少しづづ翻訳を進め、聖書全巻を完成します。

創世記  直訳     2006年07月03日 更新  説教の放送はこちら

 創世記   直              訳

44 01 ・ そして 彼は中で命じた ヨセフ その 存在しているに 上に その家 彼の 言っているは あなた方は満たせ その 袋 その 人間らの 食料らの、 全体は もし 彼らが出来続けている(為) 取り上げる事、 そして あなた方は中に投げろ 各々 その 銀を 上に その口 その 袋の。   
02 ・ そして その 関節(コンドウ=ヘブル語は杯→参考LxxEx25:31杯状節) 私の その銀を あなた方は中に投げろ 中へ その 袋 その 若いの そして その 価格を その種の 彼の。 彼が起きさせられた も 下に その言葉ら ヨセフ、 丁度その通り 彼が言った。
03 ・ その 明け方 彼が通し明るくして、そして その 人間らは 彼らは離れ戻った、 彼らは そして その 驢馬らは 彼らの。
04 ・ 外に来たらは も 彼らの その町を (無い 彼らが離れ持った 遠くを) そして ヨセフは 彼は言った その 上に その 家 彼の 上に立ったは あなたは上に追え 後を その 人間らの そして あなたは確かに下に取る 彼らを そしてあなたは確かに言う 彼らに 何故 この事 あなた方は対して離れ引き渡した 邪悪らを  対して 良いら? 
05 ・ 為に 何故 あなた方は盗んだ わたしの その 関節(コンドウ=ヘブル語は杯→参考LxxEx25:31杯状節) その 銀を?無い この事 彼が存在し続けている、 中で する所に 彼が飲む その主 私の? 彼は も 占うに(ヘブル語は占う事) 彼は占 い続けている 中で 彼。邪悪らを あなた方は共に完成(成し遂げ)していた、する所は あなた方が行っていた。   
06 ・見つけ出したは も 彼らを 彼は言った 彼らに 下に その言葉ら これらを。
07 ・ そのらは も 彼らは言った 彼に 為に 何故 彼が喋り続けている その 主 下に その 言葉ら これらを? 無い 彼が起きよ その 子供(奴隷)らに あなたの 作った事 下に その 言葉ら このを。 
08 ・ もし その 一方 銀を、する所は 彼が見つけ続けている 中で その 袋らに 私達の、 私達は離れ戻った 方に あなた 出て その カナン、 どうして ともかく 私達が確かに盗もう 出て その 家 その 主 あなたの 銀を それとも 金を? 
09 ・ 傍で する所 ともかく 彼が見つけられた(為) その 関節(コンドウ=ヘブル語は杯→参考LxxEx25:31杯状節) その 子供(奴隷)らの あなたの、彼が確かに死ね。 そして 私達は も 私達は確かに存在する 子供(奴隷)ら その 主に 私達の。
10 ・ その も 彼は言った そして 今 様に あなた方が言い続けている、この様に 彼が確かに存在する。 その 人間、傍手 する所 ともかく 彼が見つけられた(為) その 関節(コンドウ=ヘブル語は杯→参考LxxEx25:31杯状節)、彼は 彼は確かに存在する 私の 子供(奴隷)に、あなた方は も あなた方は確かに存在する 清いら。  
11 ・ そして 彼らは急いだ そして 彼らは下に取った 各々 その袋を 彼の 上に その 地 その 彼は開いた 各々 その袋を 彼の。
12 ・ 彼は捜した も から その 長老の 始めたは 迄 彼が来た 上に そのより若い、そして 彼が見つけた その 関節(コンドウ=ヘブル語は杯→参考LxxEx25:31杯状節) 中で その 袋 その ベ ニヤミン。
13 ・ そして 彼らは通し引き裂いた その 衣服 彼らの そして 彼らは上に置いた 各々 その 袋を 彼の 上に その 驢馬 彼の そして 彼らは上に戻った 中へ その 町。
14 ・ 彼は中に来た も ユダ  そして その 兄弟ら 彼の 方に ヨセフ 尚 彼の 存在しているは そこに そして 彼らは落ちた 面前に 彼の 上に その 地。
15 ・ 彼は言った も 彼らに ヨセフ 何故 この 事柄 この事、 する所を あなた方は行った? 無い あなた方が知り続けている それは 占うに(ヘブル語は占う事) 彼は確かに占う 人間は の様なは 私が?
16 ・ 彼は言った も ユダ 何を 私たちは確かに対して言う その 主に それとも 何を 私達は確かに喋る それとも 何 私達が義とされた(為)? その も 神 彼が見つけた その 悪を その 子供(奴隷)らの あなたの。 見よ 私達は確かに存在する 家奴隷ら その 主に 私達の、 そして 私達は そして 側で する所に 彼が見つけられた その 関節(コンドウ=ヘブル語は杯→参考LxxEx25:31杯状節)。
17 ・ 彼は言った も ヨセフ 無い 私に 彼が起きよ 作った事  その 言葉ら この。 その 人間は、側で する所に 彼が見つけられた その 関節(コンドウ=ヘブル語は杯→参考LxxEx25:31杯状節)、彼は 彼が確かに存在する 私の 奴隷、 あなた方は も あなた方は上に登れ 共に 救い 方に その 父 あなた方の。
18 ・ 近づいたは も 彼に ユダ 彼は言った 私は欲し続けている、 主よ あなたは喋らさせろ その 子供(奴隷) あなたの 言葉ら 面前に あなたの、そして 無い あなたが怒らされろ その 子供(奴隷)に あなたの、 それはあなたの あなたが存在し続けている 共に フアラオ。
19 ・主よ、あなたは あなたは尋ねた その 子供(奴隷)らを  あなたの 言っているは もし あなた方が持ち続けている 父 それとも 兄弟を?
20 ・ そして 私達は言った その 主に 彼が存在し続けている 私達に 父 長老 そして 子供(奴隷)を 老人の より若いを 彼に、そして その 兄弟 彼の 彼は死んだ、 彼は も 唯一 彼が下残された その 父に 彼の、 その も 父は 彼を 彼は愛している。
21 ・ あなたは言った も その 子供(奴隷)に あなたの あなた方は下に導け 彼を 方に 私、 そして 私は世話し続けている 彼の。
22 ・ そして 私達は言った その 主に 無い 彼が確かに内在力する その 子供(奴隷)を 下に残す事 その 父を。 もし も 彼が下に残された(為) その 父を、彼が確かに死ぬ。
23 ・ あなたは も あなたは言った その 子供(奴隷)らに あなたの もし 無い 彼が下った(為) その 兄弟 あなた方の その より若いは 共に あなた方、 無い あなた方は自分の為に確かに方に置く 尚 見る事 その顔を 私の。
24 ・ 彼が起きた も の時に 私達が上に来た 方に その 子供(奴隷) あなたの 父 も 私達の、 私達は離れ報告した 彼に その 言葉ら その主の。
25 ・ 彼は言った も 私達に その 父 私達の あなた方は歩け 再び、 あなた方は買え 私達に 小さいを 食物らを。
26 ・ 私達は も 私達は言った 無い 私達は自分たちの為に内在力する 下る事。 反対に もし 一方 その兄弟 私達の その より 若いは 彼が下る 共に 私達、 私達は確かに自分達の為に下に行く。 無い そして 私達は自分達の為に内在力する 見る事 その 顔を その人間の、 その 兄弟の そのより若いの 無い 存在する 共に 私達。
27 ・ 彼は言った も その 子供(奴隷) あなたの その 父 私達の 方に 私達 あなた方は あなた方は知り続けている それは 2 彼が子を産んだ 私に その 女。
28 ・ そして 彼は外に来た その 一  から 私、 そして あなた方は言った それは 獣食料 彼が起きた、 そして 無い 私は見た 彼を 尚 そして 今。
29 ・もし そういうわけで  あなた方が取った(為) そして この事 出て 顔の 私の そして 彼が共に行った(為) 彼に 軟弱(病気) 中で その 道、 そして あなた方は下に導く 私の その 老人を 共に 悲しみ 中へ 黄泉。
30 ・ 今 そういうわけで もし 私が中へ来た(為) 方に その 子供(奴隷) あなたの 父は も 私達の そして その 子供を 無い 彼が存在する 共に 私達 その も 生活 彼の 彼が外に吊るされ続けている 出て その この事 生活の、
31 ・ そして 彼が確かに存在する 中で その 見る事  彼を 無い する所を その 子供(奴隷)を 共に 私達 彼は確かに完成する(死ぬ)、 そして 彼が確かに下に導く  その 子供(奴隷)ら あなたの その 老人を その 子供(奴隷)の あなたの 父は も 私達の  共に 苦しみ 中へ 黄泉。   
32 ・ その も 子供(奴隷) あなたの 彼が外に受け入れられている その 子供(奴隷) 側で その父 言っているは もし 無い 私が導き続けている(為) 彼を 方に あなた そして 私が確かに立たす 彼を 面前に あなた、私が罪している 私が確かに存在する 方に その 父 全てらを  その 日らを。
33 ・ 今 そういうわけで 私が確かに側に留まる あなたに 子供(奴隷)は 対して その 子供(奴隷)の、 家奴隷 その 主の。 そのも 子供(奴隷)を あなたは上に行かせろ 共に その 兄弟ら。
34 ・ どうして そして 私が確かに上に行く 方に その 父、 その子供(奴隷) 無い 存在する 共に 私達? 為に 無い 私が見た(為) その 悪、 する所は 彼が確かに見つけた その 父を 私の。

 

2006年07月03日

 

All rights reserved. Copyright (C) 森脇章夫 2005.