70人訳旧約聖書  (このサイトに関する注意事項) 少しづづ翻訳を進め、聖書全巻を完成します。

創世記  直訳     2006年07月03日 更新  説教の放送はこちら

 創世記   直              訳

36 01 ・これらは も その 誕生ら(系図) エサウ (彼は 彼が存在し続けている エドム)。 
02 ・ エサウ も 彼は取った 女らを 彼自身に から その 娘らの カナナイらの、その アダ 娘 アイローン その カナナイの そして その エリベマ 娘の アナ その 息子 セベゴーンの その エウアイ(ヘブル語はヒビ)の  
03 ・そして その バセマト 娘の イスマエル 姉妹の ナバイオテ。
04 ・ 彼は子を産んだ も アダ その エサウに その エリフアスを、 そして バセマテは 彼は子を産んだ その ラグエルを、
05 ・ そして エリベマは 彼は子を産んだ その イエウス そして  その イエグロム そして その コレを。これらは 息子らの エサウ、 そのらは 彼らが起きた 彼に 中で 地 カナン。
06 ・彼は取った も エサウ その 女らを  彼の そして その 息子らを そして その 娘らを  そして 全てら その 体ら その 家の 彼の そして 全てらを  その 下に司する そして 全てら その 家畜ら そして 全てら、全体 彼が獲得した そして 全体 彼が周囲作った 中で 地 カナン、そして 彼は行った 出で 地 カナン から 顔の ヤコブ その 兄弟 彼の。  
07 ・ 彼が存在している そして 彼らの その 下に司するら 多くらを その 住む事 直ちに、そして 無い 彼が内在力している その 地 その 側で住んでいる 彼らの 運ぶ事 彼らを から その 多数ら その 下に司するらの 彼らの。  
08 ・ 彼は住んだ も エサウ 中で その 山 セイル (エサウ 彼自身は 彼が存在し続けている エドム)。
09 ・これらは も その 誕生ら(系図) エサウ 父の エドム 中で その 山 セイル、 
10 ・ そして これらは その 名ら その 息子らの エサウ。 エリフアス 息子の アダの 女は エサウ そして ラグエル 息子の バセマテ  女の エサウ。
11 ・彼らが起きた も 息子らは エリフアス。タイマン、 ソフアル、ゴソム そして ケネズ。 
12 ・ タムナ も 彼が存在している 側女 エリフアス その 息子の エサウ そして 彼は子を産んだ その エリフアス その アマレク。 これらは 息子らは アダの 女の エサウ。 
13 ・ これらは も 息子らは ラグエル。 ナホス、 ザレ、ソメ、そして モゼ。 これらは 彼が存在し手いる 息子らは バセマテ 女の エサウ。
14 ・ これらは も 彼が存在している 息子らは エリベマの 娘の アナア その 息子の セベゴーン、女の エサウの。 彼は子を産んだ も その エサウに その イエウス そして その イエグロム そして その コレを。
15 ・ これらは 支配者ら 息子らは エサウ。 息子らは エリフアス 長子の エサウ。 支配者らの タイマン、 支配者らの ホマル、 支配者らの ソオーフアル、 支配者らの ケネズ、
16 ・ 支配者らの コレ、 支配者らの ゴソム、 支配者らの アマレク。 これらは 支配者ら エリフアス 中で 地 イドマヤ。 これらは 息子らは アダ。
17 ・ そして これらは  息子らは ラグエル 息子の エサウ。 支配者らの ナコス、 支配者らの ザレ、 支配者らの ソメ、 支配者らの モゼ。 これらは 支配者ら ラグエル 中で 地 エドム。 これらは 息子らは バセマテ 女の エサウ。
18 ・ これらは も 息子ら エリベマ 女の エサウ。 支配者らの イエウス、 支配者らの イエグロム、 支配者らの コレ。 これらは 支配者ら エリベマス。
19 ・ これらは 息子らは エサウ、 そして これらは 支配者らは 彼らの。 これらは 彼が存在し続けている 息子ら エサウ。
20 ・ これらは も 息子ら セイル その コライウウ その 下に住んでいるの その 地。 ロオータン、 ソオーバル、セベゴオーン、アナ
21 ・ そして デーソオーン そして アサアル そして リイソオーン。 これらは 支配者ら その コライウウ その 息子の セエイル 中で その 地 エドム。
22 ・ 彼らが起きた も 息子らは ロータン。 コリ そして アイマン。 姉妹 も ロータン  サムナ。
23 ・ 彼らは も 息子ら ソオーバル。 ゴオーロオーン そして マナハト そして ガアイベル、 ソオーフ そして オーマン。
24 ・ そして これらは 息子らは セベゴオーン。 アイエ そして オーナン。 これは 彼が存在し続けている その オーナス、 するところは 彼が見つけた その イアミン(ヘブル語イェミン=原意不明の音写、一般に温泉と訳されている、ギリシャ語では「癒しを」と見る事が出来る) 中で その 荒野、その時 彼が放牧した その 下に軛ら(ヘブル語は驢馬ら) ゼベゴーン その 父の 彼の。 
25 ・これらは も 息子らは アナ。 デエソーオン。 そして エリベマ 娘の アナ。
26 ・ これらは も 息子らは デエソーオン。 アマダ そして アスバン そして イエスラン そして カルラン。 
27 ・ これらは も 息子ら アサル。 バルアン そして ゾオウカム そして イオウカム そして ウウカン。 
28 ・これらは も 息子ら リスオーン。 ホース そして アラム。
29 ・ これらは 支配者ら コルリ。 支配者らの ロオータン、 支配者らの ソオーバル、支配者らの セベゴオーン、 支配者らの アナ、
30 ・ 支配者らの デエーソオーン、 支配者らの アサル、支配者らの リソオーン。 これらは 支配者ら コルリ 中で その 支配者ら 彼らの 中で 地 エドム。
31 ・ そして これらは その 王ら その 王したらは 中で エドム 前に その 王した事 王らが 中で イスラエル。
32 ・ そして 彼は王した 中で エドム バラク 息子は その ベオル 、そして その名 その 町に 彼の デナバ。
33 ・ 彼は離れ死んだ も バラク、 そして 彼が王した 対して 彼の ヨバブ 息子は ザラ 出て ボソラス。
34 ・ 彼は離れ死んだ も ヨバブ、 そして 彼は王した 対して 彼 アソム 出て その地 タイマノーン。
35 ・ 彼は離れ死んだ も アソム、 そして 彼は王した 対して 彼 アダド 息子は バラド その 外に(断ち)切ったは マデイアム 中で その 平野 モアブ、 そして 名 その 町に 彼の ゲタイム。
36 ・彼は離れ死んだ も アダド、 そして 彼は王した 対して 彼 サマラ 出て マセカス。
37 ・ 彼は離れ死んだ も サマラ、そして 彼は王した 対して 彼の サウル 出で ロウボオト その 側で 川。 
38 ・ 彼は離れ死んだ も サウル、 そして 彼は王した 対し 彼の バラエノオン 息子は アコボル。
39 ・ 彼は離れ死んだ も  バラエノオン 息子の アコボル、 そして 彼は王した 対して 彼 アラド 息子は バラド、 そして 名 その 町に 彼の ヤオゴオル、 名 も その 女に彼の マイテベエル 娘 マトライテ 息子の マイゾオーブ。
40 ・ これらは その 名ら その 支配したらの エサウ 中で その 部族ら 彼らの 下に 場所 彼らの、 中で その 区域ら 彼らの そして 中で その 異邦人ら 彼らの。 支配したは サムナ、 支配したは ゴラ、 支配したは イエゼル、
41 ・支配したは エリベマス、支配したは  エーラス、 支配したは フイノオーン、
42 ・ 支配したは ケネズ、 支配したは タイマン、支配したは マザル、
43 ・ 支配したは メゲデイエル、 支配したは ザフオーイム。 これらは 支配したらは エドム 中で その 下に住んでいたら 中で その 地 その 相続地の 彼らの。これらは エサウ 父 エドム。

 

2006年07月03日

 

All rights reserved. Copyright (C) 森脇章夫 2005.